得する人損する人!ドライカレーのチーズソースのせ 家事えもんレシピ ~カフェ風カレー

2015年7月9日のあのニュースで得する人損する人は、
家庭料理がグンと美味しくなる得テク。

大人気の家事えもんが冷蔵庫の余ったカレーで作る
簡単ドライカレー&カフェ風カレーの作り方を教えてくれました。
得意の掛け算レシピは、簡単ドライカレー×スライスチーズで、
目にも楽しいカフェ風カレーのドライカレーのチーズソースのせ。

家事えもん ドライカレー

さらに、お肉はハチミツを揉み込む、カレーにお餅を入れるなど
カレーが美味しくなる美味ワザがたくさん!

冷蔵庫の余ったカレーで作る絶品ドライカレー

家事えもん ドライカレー

2日目までは美味しく食べれるカレーですが、3日目になると
さすがに飽きてしまいますよね。
今回家事えもんが使う秘密道具は、「ポテトマッシャー」。

家事えもん ドライカレー

1、余ったカレーの具材をポテトマッシャーで潰す。

具材をつぶしてルウの中に溶け込ませる。

2、オリーブオイルで軽く炒めたご飯(250g)にルウ(150g)をかける。

家事えもん ドライカレー

3、フライパンに油を引かずに低温で、秘密道具「シリコンのお玉」を
使いながらじっくりスライスチーズ(3枚)を溶かす。

家事えもん ドライカレー

家事えもん ドライカレー

4、(3)のフライパンにアーモンドミルク(大さじ1~2)を投入。

家事えもん ドライカレー

上からソースをかける時に、アーモンドの香ばしさとチーズの甘みで
カレーの辛さが和らぎます。

5、ドライカレーを型にはめて成形する。
てっぺんの部分にスプーンでくぼみをつける。

家事えもん ドライカレー

6、その上からとろけたチーズをのせ、くぼみの部分に卵黄をのせたら
出来上がり!

家事えもん ドライカレー

家事えもん ドライカレー

カレーの美味ワザ

カレーは、煮込めば煮込むほど美味しくなるメリットがある一方、
お肉は、煮込めば煮込むほど固くなってしまいます。

お肉にハチミツを揉み込むと柔らかくなった絶品カレーになる

お肉に塩・コショウで下味をつける。
ハチミツをグルリとかけて、お肉のハチミツを揉み込む。

家事えもん ドライカレー

ハチミツにつけていないお肉と、30分間ハチミツにつけたお肉を
比較してみると・・・
ハチミツにつけていないお肉が箸でなかなか切れないのに対し、
ナチミツにつけたお肉は箸で簡単に切ることができました。

では、なぜハチミツに浸けるとお肉が柔らかくなるのでしょうか?

ハチミツには、肉の繊維を柔らかくするプロテアーゼという酵素が
含まれていて、肉の組織が縮むのを防いでくれるので、加熱しても
固まりにくくじっくり煮込んでも柔らかくなるのです。

カレーにお餅を入れれば一晩寝かせたコクが出る

4人前のルウにお餅1個を8等分にして入れる。

家事えもん ドライカレー

すると何日間か煮込んだようなカレーが簡単に出来るそう。
もち米のデンプンが、加熱と水分によってルウに溶け込んで
トロトロになります。

主婦100人に聞いた!カレーに入れる人気の隠し味ベスト3

1位:インスタントコーヒー
チョコレート同様、コーヒーの苦みでコクが増します。

2位:ルウを2種類入れる
手軽のオリジナルの味になります。

3位:チョコレート
チョコレートの苦みがコクを引き立ててくれるため、ビターチョコレート
の方がより効果的。

ついに!家事えもんの本が発売になりました↓