きくち体操のやり方。1分で肩こりが改善される方法。

肩こりをたった1分で解消する、きくち体操のやり方をご紹介します。
教えてくれたのは、きくち体操考案者の菊池和子先生。

きくち体操とは?

きくち体操は、菊池和子先生が考案した体操。
菊池先生は現在85歳ですが、85歳とは思えないほど若々しい姿がとても印象的です。

きくち体操は、日常生活で使わなくなった筋肉を意識して動かすことで、体の様々な不調を改善することができます。

きくち体操3種のやり方

手のひら体操

肩こりの解消には、指の筋肉を使うのが大事。

1、両肘を伸ばし、両手を前に出す。
手のひらから指先までしっかり開く。

開いた指の間が均等になっていることがポイント。

2、(1)のポーズを10秒間キープする。

口あけ体操

肩こり解消には、口の周りの筋肉を使うのが大事。

1、口を大きく開けて、両手の人差し指と中指を口に入れる。

2、(1)を10秒キープする。

開いた指の間が均等になっていることがポイント。

目も同時に大きく開けるのがポイント。

口が大きく開かない人は肩の筋肉が衰えている可能性あり。

耳回し体操

肩こり解消には、耳の周りの筋肉を使うのが大事。

1、両手で両耳をつかんで、気持ちよく感じられる程度まで耳たぶを上にしっかり持ち上げる。

この時、耳が温かくなったら血行が良くなっている証拠。

2、耳の上部分をつかんで、気持ちよく感じられる程度まで下にしっかり引っ張る。

3、耳を横に引っ張りながら、右回り左回りと5回ずつ回す。

きくち体操の効果

数字が高ければ高いほど、肩が凝っています。

●仁科さん
右肩54→50
左肩58→40

●早見さん
右肩38→30
左肩52→41

たった1分で肩こりが見事に解消されていました!

菊池和子先生の著書

累計120万部突破の大ベストセラーの一部をご紹介します。