スマホ老眼の改善に効果がある「ガボール・パッチ」と「レシート」

10~20代でもなりうる「スマホ老眼」の治し方をご紹介します。
まずは老眼かどうかチェックして、老眼の可能性が大ならガボール・パッチという改善方法を試してみましょう。
ガボール・パッチの本がない場合は、「レシート」で本に近い効果が得られます。
1日3分、1週間実践するだけで視力がアップしますよ!

(情報元:TBSテレビ「教えてもらう前と後」2019年8月20日放映)

スマホ老眼とは?

スマホ老眼とは、スマホの見過ぎが原因で起こる老眼です。

現代では、10~20代の若い世代でもスマホ老眼が増えているとのこと。
10~20代のスマホでの1日のインターネット利用時間は平均して2時間半弱で、30代以降と大きく差が出ています。

スマホ老眼はスマホの使用時間だけでなく、目からの距離も影響します。

スマホ老眼は、30cm以内でスマホを見るとなりやすい傾向にあります。
目の良い人が無理に近付けて見てしまうと目に負担になるからです。

目が老化してくると、色の差を見分ける能力が低下し、白内障の可能性も出てきます。

[char no=”5" char=”モノシーリ博士”]スマホは、長い時間使い過ぎず、できるだけ目から離して見るようにしましょう。[/[/char]h3 id="outline__1_1">すぐにできる老眼のチェック方法

人差し指の指紋側を顔に近付け、ゆっくりと人差し指を目から離していき、指紋がはっきりと見えたらストップ。

そのストップした位置が目から30cm以内なら問題なし、30cm以上なら老眼の可能性が大です。

老眼の改善方法「ガボール・パッチ」

老眼に対して科学的に証明された改善方法が「ガボール・パッチ」

ガボール・パッチとは、たくさんあるぼやけた縞模様の中から同じ図形を探し出すという老眼の改善法です。
1日3分行うだけで老眼が改善する効果が期待できます。

スマホ老眼に悩んでいる25歳の女性が1日3分、1週間ガボール・パッチを実践してみた結果、0.6→0.8と視力が回復しました。
さらに10人の男女がガボール・パッチを実践してみた結果、10人とも視力が改善したとのこと。

[c[char no=”5" char=”モノシーリ博士”]ボール・パッチは、目ではなく脳の処理能力が鍛えられ、ぼやけた文字が見やすくなります。[/ch[/char] id="outline__2_1">ガボール・パッチの本

ガボール・パッチは、「ガボール・アイ」という本で行うことができます。
私も本屋さんで見てずっと気になっていたんですけど、半信半疑で買うのをためらっていたんです・・・。
科学的に証明された改善方法なんて言われると、迷わず買えそうです。

レシートの裏を見る=ガボール・パッチと同じ効果

ガボール・パッチができる本「ガボール・アイ」を購入しなくても、レシートを使うことで本に近い効果が得られるそうです。

やり方

1、レシートを裏返して光に当てる。

2、文字がギリギリ見える位置までレシートを話し、読む。

まとめ&感想

スマホ老眼になる原因は、スマホの使用時間スマホを見る距離の2つ。
スマホを見るときは30cm以上目から離して見るようにしましょう。

老眼チェック法を試してみて、私はスマホ老眼ではなかったのですが、最近見えづらくなってきていて老眼か?スマホの見過ぎか?どっちだろうと思っていたので、レシートでの改善方法をちょっと試してみようと思いました!

ダメならガボール・パッチの本を買ってみます(笑)。

それでもダメなら・・・老眼鏡買います・・・。