林修の今でしょ!講座で、夏に危険な病気&症状には、コーヒーと緑茶のどっちが効果的なのか教えてくれました。
脳卒中、夏太り、肌ダメージ、夏風邪、熱中症など夏に気になる症状別の飲み方をまとめています。
私は特にダイエットに効果があるコーヒーの飲み方に興味津々!でした。


脳卒中予防に効果があるのはコーヒー

脳卒中を予防するには、コーヒーが効果的!
毎日1杯のコーヒーを飲めば、飲まない人と比べて、脳卒中リスクが約20%減ることが最新の研究で判明しました。

汗をかくと体内の水分が減って血液がドロドロになり血流が悪くなります。
そうすると血管がつまったり破れたりして、脳卒中のリスクが高まります。

先生先生

コーヒーに含まれるカフェインが血管を広げ、血流をよくしてくれます。

カフェインには、血管を広げる作用があって血流が良くなる効果があります。
また、血液中の脂質などの代謝を促進し血管が詰まるのを防ぐ効果があります。

ナヤミちゃんナヤミちゃん

でも、カフェインって体に良くないとよく言われますよね?

先生先生

一度に多くのカフェインをとると血管を収縮させる作用がありますが、一度に多く飲まなければ体に良いパワーになるんですよ。
疾患リスクを減らす目的であれば、コーヒーは1日に3~4杯がベストです!

コーヒーは食前に飲むと良い

食前にコーヒーを飲むと血糖値の上昇を抑えることができます。
食事に含まれる糖や脂質は胃や腸から血管に吸収されるのですが、量が多過ぎると血糖値を急上昇させ血管にダメージを与えます。
カフェインは、胃や腸でも糖質や脂質が吸収されるのを防ぐ働きがあるため、食前にコーヒーを飲むと血糖値の急上昇を防ぐことが期待できるのです。

緑茶にも血管にいい作用があり、1日に4杯以上飲むと脳卒中のリスクが約20%減るとのことです。

夏太り予防に効果があるのはコーヒー

夏太りを予防するには、コーヒーが効果的!
コーヒーを1日に3杯飲むと、コーヒーを飲まなかった人に比べ、脂肪燃焼量が約2倍にアップするそうです。

暑いと食欲が落ちるので夏は痩せやすくなると思いきや、夏に太る人が多いようなんです。
夏は暑くて疲れてしまい、そうめんやうどんなどの炭水化物を食べる機会が増え、とても太りやすくなるのです。
また、冷たい飲み物は意外と甘さを感じないので、ゴクゴクと飲んだ結果、糖分を多くとってしまっていることになります。

先生先生

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、糖質の吸収を抑え、脂質の代謝を促進します。
さらに、コーヒーに含まれるカフェインは、リパーゼ(脂肪分解酵素)を活発にします。
この2つのW成分で脂肪燃焼量がアップするというわけです!

コーヒーは運動前に飲むと効果的

コーヒーを運動前に飲むと脂肪燃焼量をさらにアップさせることができます。
カフェインは、飲んだ後 約30分後に効果が出てきて、3時間後にピークを迎えます。
そのため、効き始める30分後~3時間の間に運動をするとダイエットに効果的です。

動物実験の段階ですが、緑茶を飲むと腸内細菌のデブ菌が減って、やせ菌が増えるという研究のデータがあり、現在、人への実験も行っており、あと6か月たったら逆転するかも?とのことでした。

肌ダメージに効果があるのは緑茶

肌ダメージを予防するには、緑茶が効果的!
緑茶を飲むと、紫外線ダメージが約25%減るということが最新の研究で判明しました。

シミやシワができる原因の1つは、紫外線による活性酸素ですが、緑茶のカテキンはこの活性酸素を除去してくれる働きがあります。

また、緑茶には、女性に嬉しいビタミンCも含まれています。
緑茶3杯分でレモン約1個分のビタミンCが摂れるとのこと。

緑茶は外出前に飲むと効果的

出かける前に日焼け止めを塗る感覚と同様、緑茶も出かける前に飲むと、紫外線からの肌ダメージを予防してくれます。

肥満遺伝子検査 肥満遺伝子検査

夏風邪に効果があるのは緑茶

夏風邪を予防するには、緑茶が効果的!
お医者さんは風邪を予防するために、診察の合間に緑茶を飲んでいるそうです。
緑茶に含まれるカテキンには、ウイルスを撃退する殺菌効果があります。

夏は寒暖差によって免疫力が落ちるので、風邪をひくと治りにくくなります。
風邪を早く治すには免疫力を高めることが大事!

緑茶は水出しで飲むと効果的

緑茶は、水出しでいれると、ウイルスに抵抗する免疫力アップが期待できる成分が増加します。

先生先生

免疫細胞を活性化するには、冷たい水じゃないとダメなんです!

免疫力アップに効果的な成分の抽出量は、お湯でいれた場合が5割なのに対し、水でいれた場合は8割と、水でいれた場合の方が有利です。

風邪を予防するには、緑茶を1日500ccほど飲むと効果的です。

コーヒーに含まれるカフェインは、気管支を広げる作用があるので、せき止めとしての効果があります。
コーヒーは風邪の症状を緩和させる作用はありますが、予防としては緑茶が優勢のようです。

熱中症に効果があるのは緑茶

熱中症を予防するには、緑茶が効果的!

熱中症は、体温が上昇して、水分が失われることが原因の1つです。
カテキンは、汗をかきやすくして体温の上昇を抑え、水分の減少を防ぐ働きがあります。

熱中症予防には「麦茶」が効果的

麦茶は利尿作用のあるカフェインがなく、ミネラルが豊富に含まれているので、飲みたいときに好きな量を飲んでもいいそうです。