【得する人損する人】食パンはアルミホイルに包んで冷凍するとふっくらモチモチ

2017年1月26日のあのニュースで得する人損する人で、余った食パンをふっくらモチモチにキープする方法が紹介されていました。
その方法というのが、食パンをアルミホイルに包んで冷凍するというもの。

1、食パン(1枚)をアルミホイルで包む。
その際、アルミホイルがなるべく食パンに密着するようにし、キレイに密封する。

あのニュースで得する人 食パン

アルミホイルは食パンの2倍ほどの長さに切ると包みやすい。

パンをアルミホイルで包んだ時、隙間が多いと中の空気が邪魔してパンの凍るスピードが落ち、急速冷凍にならず失敗する可能性があるので注意!

あのニュースで得する人 食パン

2、(1)をそのまま冷凍庫で凍らせる。

3、(2)のアルミホイルをはずし、1000Wのオーブントースターで約4分焼く。

食パンを普通に凍らせるとパサパサになってしまうのは、パンが凍っていく過程でふわモチ食感のもと「でんぷん」が壊れてしまうから。
しかし、アルミホイルで包んで冷凍すれば、でんぷんを壊さない急速冷凍が可能になります。
秘密はその熱伝導の速さ。
熱伝導とは冷気が冷たいところから温かいところに伝わる現象のこと。
この熱伝導がアルミホイルは空気に比べて圧倒的にはやいために、ふわふわモチモチをキープできるというワケです。