金スマで紹介されていた発売1か月で売上4万部突破のダイエット本「内臓脂肪がストン!と落ちる食事術」。
運動なし!しかもお腹いっぱい食べるだけで痩せるという夢のようなダイエットで、金スマ番組史上最も楽して痩せる食事術だそう。
教えてくれたのは糖質制限ダイエットの第一人者であるお医者さんの江部康二先生。
糖質オフの食べ方や2週間実践した効果をご紹介します。


内臓脂肪がストン!と落ちる食事術 2つのルール

ルールは2つ。
1つは、朝食を抜いた1日2食の半日断食を行うこと。
昼食は普通に食べて、飲み物もお水などを普通に飲んで、夕食は19時までに食べ終わって下さい。
寝てる最中の空腹の間に内臓脂肪がしっかり燃焼してくれて体重がストンと落ちます。

2つめは、2食は糖質の少ないものを食べること。(糖質制限)
糖質はパン、芋、お米、麦、うどん、そばなどのでんぷん類に多く含まれています。
糖質が体の中に入ってこなければ、代わりに脂肪が燃え続けるので痩せることができます。

内臓脂肪と皮下脂肪はどっちが先に落ちる?
内臓脂肪は皮下脂肪に比べたら血中に溶け出しやすいので、糖質制限をすれば先に内臓脂肪の方が燃えて、ストンと体重が落ちます。

糖質オフのレシピ

金スマで紹介されていた糖質オフのレシピです。

「糖質0g麺」焼きそば

おからやこんにゃく粉で作られている「糖質0g麺」を使用。
糖質10.4g。通常の焼きそばに比べて約1/9の糖質です。

材料

鶏肉 50g
キャベツ 1枚
白菜 1枚
ニラ 1束

作り方

1、フライパンで鶏肉と野菜を炒める。

2、(1)に糖質ゼロ麺をそのまま投入する。

3、ウスターソースで味付けし、3分間炒める。

ダブルチキンチーズブロッコリーサラダ

セブンイレブンで買える食材を使った食べごたえがあるサラダです。
カロリー420kcal、糖質5.5g。

材料

ブロッコリー 50g(糖質0.4g)
ほぐしサラダチキン
サラダサーモン
とろけるスライスチーズ

作り方

1、具材をお皿にのせて、その上にチーズをのせたら電子レンジで1分半温める。

2、マヨネーズをたっぷりかけたら出来上がり!

カリフラワーライス チャーハン

カリフラワーライスとは、カリフラワーを細かく刻み、お米の代用品にしたもの。
お米の代わりに食べると糖質がなんと1/25。
お茶碗1杯で、普通のご飯だと糖質が約50gに対し、カリフラワーライスが約2g。

糖質制限をして血糖値の乱高下がなく安定していると、強い空腹感には襲われなくなります。

豚しゃぶ鍋・・・糖質7.2g

・カロリーは気にしなくていい!
糖質制限食は、控えるのは糖質だけで、カロリー制限をしません。
お腹いっぱい食べてOKなんです。
焼き肉も食べていいんです。
お肉は糖質がほとんどゼロで、タンパク質と脂肪はたっぷり。
糖質が肥満の元凶なので、糖質が少ないものを食べれば少々カロリーはあっても痩せやすいのです。
カルビ(1人100g)で糖質は0.3g。
パスタ(1本)で糖質0.6g。

・マヨネーズは食べても大丈夫
野菜サラダにたっぷりかけてもOK!
マヨネーズは大さじ1杯で糖質は0.5g。

・糖質が多く含まれている野菜は避ける
じゃがいもは60gで糖質9.8g、にんじんは30gで糖質2.0g、ごぼうは100gで糖質5.7g、玉ねぎは100gで糖質7.2g
根菜といわれるにんじん、ごぼう、玉ねぎは糖質が多いので、血糖値が上がりやすくなります。
でんぷんが多いじゃがいも、さつまいも、里芋も血糖値が上がりやすくなります。

・糖質が少ない野菜
レタスは20gで糖質0.3g、ほうれん草は80gで糖質0.2g、

・ノンオイル和風ドレッシングとフレンチドレッシング、糖質が多いのはどっち?
糖質が多いのは、ノンオイル和風ドレッシング。
ノンオイルにした分、味を整えるために砂糖が入ってきます。
フレンチドレッシングは濃厚だが糖質は少ない。

・ファストフードでも痩せられる
糖質制限をしていてもハンバーガーが食べられます。
Wendy’s First Kitchenのバンズではなく、お肉で挟むハンバーガー「ワイルド★ロック(670円)」なら糖質が3.8g。
通常のハンバーガーは糖質が約25g。
チキンナゲットも糖質が少なく8.2g。

・お酒は飲んでもよい
どんなお酒でも飲んでいいわけではありません。
飲んでいいお酒は、ハイボール(糖質0g)、焼酎(糖質0g)、ウイスキー(糖質0g)。
蒸留酒はそもそも糖質が少ないので、ウイスキー、ブランデー、ジンはOKです。
ワインは醸造酒ですが、例外的に辛口のワインであれば赤でも白でも糖質が少ないのでOKです。

ビールは糖質10.9g。
日本酒も糖質が多いです。

糖質を抑えるポイント

・お肉の味付けは「タレ」ではなく「塩」にする
焼き肉のタレには砂糖が入っているので、ダイエットには不向きです。
焼き肉のタレは糖質が10g、塩は糖質0g。
焼き肉3人前でも糖質はたったの1g!
糖質1gというと、ご飯の約50粒分に相当します。

・中華料理に使われる調味料は糖質が少ない
糖質の量は、豆板醬が0.2g、ラー油が0g、唐辛子が0.4g。
バンバンジーが9.0g、レバニラ炒めが8.6g、回鍋肉が8.5g、麻婆豆腐が8.1g、キクラゲと卵炒めが6.1g。
糖質制限中にカロリー制限までしてしまうと基礎代謝が減ってしまい、筋肉や骨の量が減ってしまうので危険です。
基礎代謝が減ってしまわないように、しっかりエネルギーを確保することが必要です。
低糖質でカロリーの高い中華料理はおすすめ。

低糖質メニューランキング

お店で食べられる低糖質メニューランキングをご紹介します。

第1位 一風堂の「白丸とんこつ豆腐」(糖質4.6g)

麺の代わりに「豆腐」を使った低糖質メニュー。とんこつスープに豆腐1丁がまるまる入っています。
豆腐はほとんど水分なので糖質が少ないです。

第2位 くら寿司の「シャリ野菜とび子サーモン」(糖質2.9g)

シャリの代わりに「大根の酢漬け」を使ったお寿司。
通常のサーモンのお寿司は2貫で糖質16g。
茶碗蒸しも糖質がほとんどないのでオススメです。

第3位 サブウェイの「えびアボカドサラダ」(糖質8.6g)

パン抜きサンドウィッチを注文します。
パンを抜いてサラダに変更可能。野菜の量が2倍になり、ボリュームもアップ。
卵、海老、チーズなど低糖質なトッピングも豊富です。

第4位 すき家の「ロカボ牛麺」(糖質20g)

麺がこんにゃくで作られています。
しっかり噛まないと食べられないこんにゃくは、満足感が得られます。

番外編

リンガーハットの「野菜たっぷり食べるスープ(糖質23.7g)」、CoCo壱番屋のご飯をカリフラワーに変更した「低糖質カレー(糖質16g)」、吉野家の「ライザップ牛サラダ(糖質12.2g)」もオススメです。

糖質制限食を2週間続けた効果

杉田かおるさん(54歳)
身長157cm、体重66.1kg、体脂肪率38.3%、お腹周り98.3cm
【4日後】体重65.1kg
【2週間後】体重62.1kg、体脂肪率36.5%、お腹周り92.5cm

標準的な体脂肪率
成人男性は15~19%
成人女性は25%前後

あらぽん(33歳)
身長172cm、体重122.2kg、体脂肪率38.8%、お腹周り126cm
【2週間後】体重117.3kg、体脂肪率37.1%お腹周り120.5cm

糖質制限に関する本の紹介