2016年2月20日の世界一受けたい授業は、病気にかかるのは免疫力の差!
免疫力を高める夢の物質「LPS」とは?
LPSをたくさん含むオススメ食材ベスト5、皮膚をこすって免疫細胞を活性化させる「LPS体操」が紹介されていました。
教えてくれたのは、杣(そま)源一郎先生。

「LPS」とは?

免疫力低下の最大の原因は、ストレス。
マクロファージは皮膚や筋肉などの体中のいたるところに存在し、身体を守っていますが、不規則な生活やストレスなどでマクロファージの働きが弱まり、異物を排除できない人が急増。
健康の鍵を握るこのマクロファージをパワーアップさせ、病気にならない体をつくる夢のような物質が近年の研究で明らかになったとのこと。

その夢のような物質が「LPS(リポポリサッカライド)」
LPSは、土や野菜の中にいる微生物の成分の1つで、もともとは人間の体にはありません。
しかし、LPSを積極的に摂取すると、粘膜を通じて免疫細胞を活発化させるので、風邪やインフルエンザの予防、花粉症の抑制、ガンになりにくい体になるそう。

また、空気中にも存在していて、皮膚に触れることによって、免疫細胞に働きかけます。
ただし、土や自然が少ない場所ではLPSに触れることができていないそう。

さらに、極端にキレイ好きな人は、LPSが少ないとのこと。
LPSは土壌や自然に含まれる微生物にあるので、頻繁に殺菌したり掃除しすぎるのは、逆に免疫を下げる要因になってしまいます。

「LPS」の効果

●肌荒れの改善
肌にも多数の免疫細胞が存在しているので、LPSを摂取することで肌のターンオーバーを早め、荒れた肌を改善し、キメ細かい肌になります。

世界一受けたい授業 LPS

●アルツハイマー病の予防
LPSを摂取することで、アルツハイマー病の原因である「アミロイドβ」を廃除します。
脳の免疫細胞が最も活動する時間が、「睡眠中」
毎日十分な睡眠をとることも脳を守ることに繋がります。

●がんの予防
がん細胞は免疫細胞によって排除させることが判明。
LPSを摂取することでがん発症のリスクが低くなることが期待できます。

LPSをたくさん含むオススメ食材ベスト3

LPSを摂取するには、LPSを多く含む食べ物を食べること!

●1位 玄米
玄米の周りについているヌカには、LPSが大量に含まれています。
免疫力を考えるとヌカごと食べられる玄米がオススメナンバー1の食材。

世界一受けたい授業 LPS

●2位 メカブ
海の中で育つ海藻類は、農薬や肥料が使われていないので、自然に近い状態でLPSが含まれています。

●3位 レンコン
LPSは、土で育つ根菜にとても多く含まれており、レンコンは特に皮や節に多く含まれています。
LPSは加熱しても物質は残るので、加熱してもOK!

世界一受けたい授業 LPS

最強の免疫力アップ定食
玄米、メカブの味噌汁、レンコンたっぷりのレンコンハンバーグ、ヒラタケ(オススメ食材4位)のソテー、岩のりの佃煮(オススメ食材5位)。

世界一受けたい授業 LPS

LPSと一緒に食べると免疫力がアップする食べ物が「ヨーグルト」
ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、LPSと同時に摂取すると強い相乗効果が生まれます。

LPS体操

皮膚をこすって免疫細胞を活性化させる「LPS体操」。
LPS体操は道具を何も使わず、どこでも簡単にできます。

LPS体操のやり方
右手で左手の指先から体の中心に向かって「L・P・S」と繰り返し言いながらこする。
反対の手も同様に行う。
脚など他の部位も心臓に向かってこすといくと良いとのこと。

世界一受けたい授業 LPS

世界一受けたい授業 LPS

世界一受けたい授業 LPS

皮膚の中の免疫細胞を刺激するため、うっすらと肌が赤くなるくらいこするのがポイント。
血行を促進して、自律神経を整えるので、免疫機能の天敵であるストレスを解消する効果もあります。