MENU

【世界一受けたい授業】発酵食品 レシピ~塩麹豆腐・酒粕冷汁・甘酒みそ汁・塩辛クリームチーズ

2017 6/25
【世界一受けたい授業】発酵食品 レシピ~塩麹豆腐・酒粕冷汁・甘酒みそ汁・塩辛クリームチーズ
モッピー!お金がたまるポイントサイト

2017年6月24日の世界一受けたい授業は、発酵食品の作り方と食べ方。
発酵食品とは、もともとの食材を微生物の働きによって変化させ、食材の栄養価を上げ、吸収率、保存性をアップさせる方法。
発酵食品は、微生物が元の食材を分解し、うま味を作って美味しくするだけでなく、体に良い抗生物質や免疫物質も作り出してくれます。

野菜の効果を最大限に発揮する発酵食品といえば「漬物」。
漬物にするとビタミンB1は約9倍、ビタミンB13は約32倍にアップします。
さらに、ぬか漬けは、整腸作用、免疫力強化、美肌などたくさんの効果があると報告されています。

世界一受けたい授業 発酵食品

目次

塩麹豆腐

チーズのような甘味とうま味。

塩麹豆腐

●材料(1人分)
・塩麹・・・大さじ1~2程度
・木綿豆腐・・・1/2丁

●作り方
1、ペーパータオルを豆腐に巻き、重石をして冷蔵庫で一晩おき水分をとる。

2、ペーパータオルをはがし、豆腐の両面に塩麹を塗る。

塩麹豆腐

3、(2)をラップで包み、容器に入れ、蓋をして冷蔵庫で1週間ほど寝かせる。

酒粕冷汁

シミ・そばかすを予防する発酵食品は「酒粕」。
酒粕に含まれる遊離リノール酸が、シミ・そばかすの原因であるチロシナーゼの働きを阻止してくれます。

酒粕冷汁

●材料(1人分)
・味噌・・・大さじ1
・だし汁・・・250cc
・すりごま・・・少々
・大葉・・・2枚
・ミョウガ・・・1本
・きゅうり・・・半分
・ご飯・・・1膳

●作り方
1、だし汁で酒粕を溶き、沸騰させてアルコールをとばす。

2、(1)に味噌を溶き、冷蔵庫で冷やす。

3、冷やした汁にすりごま、刻んだ大葉、ミョウガ、きゅうりを入れる。

4、冷やご飯にかけたら出来上がり!

板野酒造場 甘酒 板野酒造場 甘酒

甘酒みそ汁

赤だしには体内の新陳代謝に欠かせないアミノ酸が豊富で、疲労回復に効果的!
甘酒にはビタミンB1やブドウ糖など、多くの栄養成分が含まれています。

甘酒みそ汁

●材料
・甘酒・・・50cc

【みそ汁】
・水・・・160cc
・赤味噌・・・16g
・本だし・・・小さじ1/3
・豆腐・・・1/4丁
・ネギ・・・少々

●作り方
1、豆腐はさいの目に、ネギは小口切りにする。

2、鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら本だしを入れる。

3、(2)に豆腐を入れて、火が通ったら味噌を溶く。

4、ネギを入れて味噌汁が完成。

5、味噌汁に甘酒を入れる。

塩辛クリームチーズ

老化予防に効果的。
イカの塩辛は、食べる栄養ドリンクと言われるほどアミノ酸が豊富。
チーズには老化予防に役立つビタミンA、免疫力をアップするたんぱく質など、美容や健康に嬉しい栄養素が牛乳の約10倍含まれています。

塩辛クリームチーズ

●材料
・イカの塩辛・・・50g
・クリームチーズ・・・100g

●作り方
1、クリームチーズをペースト状にする。

2、塩辛と(1)を混ぜる。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる