ミシュランシェフの発酵鍋レシピ。めんつゆ×トマトジュースで!

教えてもらう前と後で放送された「カマンベールのトリプル発酵鍋」レシピをご紹介します。
発酵鍋とは発酵食品を使った鍋のことで、今回使う発酵食品は、白みそ、白菜キムチ、白菜の漬け物、カマンベールチーズ。
教えてくれたのは、7年連続でミシュランに掲載されている日本料理 鈴なりの村田明彦シェフです。

発酵鍋の最大のメリットは、発酵食品が腸内環境を整えてくれること。
腸内細菌の種類は豊富にあるので、3つの発酵食品からさまざまな腸内細菌をとることができ、美肌・便秘改善・インフルエンザなどの感染症予防に効果が期待できます。

(情報・画像元:TBSテレビ「教えてもらう前と後」2019年11月5日放映)

カマンベールチーズのトリプル発酵鍋

材料

【発酵食品】
白みそ
白菜キムチ
白菜の漬け物
カマンベールチーズ

【具】
白菜
鶏もも肉

【だし】
めんつゆ

トマトジュース
白みそ

女子
トマトジュースに含まれているうま味成分のグルタミン酸は、めんつゆと合わせることでうま味が倍増!
作り方

1、めんつゆををボウルに入れ、水を加えて薄める。
トマトジュースを加えて混ぜる。

Point分量の割合は、めんつゆ:水:トマトジュース=1:3:7。

2、土鍋に(1)の出汁を入れて火にかけ、白みそを加えて混ぜ合わせる。

Point白みそを加えることで、コクがアップする。

3、鶏もも肉を(2)の土鍋に入れ、中央に生白菜の硬い部分(細切り)を敷きつめる。

4、表面に切り目を入れたカマンベールチーズを丸ごと中央にのせる。

5、周りに白菜の葉、白菜キムチ、白菜の漬け物を入れる。

Point白菜キムチは辛味とうま味の宝庫。
白菜漬けは純粋なうま味がある。
生の白菜も加えて、3種類の白菜を使うのが味の決め手!

6、蓋をして中火で煮る。
チーズが溶けたら食べ頃のサインです!

Pointオリーブオイルをちょい足しするとイタリアン風味に!
シメはパスタ(絡みやすい太麺タイプ)がおすすめです。

白菜の鮮度を保つ方法

芯を切り取ると新鮮なまま保存することができます。
白菜は収穫後も成長し続けるので、芯を切り取ることで成長を止めることができます。

丸ごと買った時は、芯に爪楊枝を3本刺しておくとOKです。

白菜のおすすめ記事