MENU

ごはんの冷凍保存方法。炊きたてのようなふっくら感をキープ。

2020 2/26
ごはんの冷凍保存方法。炊きたてのようなふっくら感をキープ。
モッピー!お金がたまるポイントサイト

林修の今でしょ!講座で話題になった「ごはんの冷凍保存方法」をご紹介します。
炊きたてのようなふっくら感をキープするには、ご飯がまだ熱いままラップに包んで冷凍するのがベストです。
ただ、ご飯が熱いとすぐに冷凍庫へ入れるのは躊躇してしまいますよね・・・。
冷凍している食品に影響を与えないやり方とは?

(情報元:テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」2020年2月25日放送)

目次

ごはんの冷凍保存方法

ご飯のふっくら感をキープするにはお米の水分が大事!
ご飯は時間が経つほど水分が失われるので、ふっくら感が失われていきます。

そのため、ご飯がまだ熱いまま冷凍保存してしまうのが正解。

炊き上がりのご飯を温かいまま冷凍することで、湯気が出ていくのを防ぎ、結果、水分が出ていくのを防ぐことができるというワケです。

ただ、ここで1つ気になることがあります。

炊き立てのご飯を冷凍庫に入れたら、周りの食材に影響が出るのでは?

温かいご飯をラップで包み、さらにアルミホイルで包んであげることで、周りの食材に影響を与えるのを防ぐことができます。

お米のおすすめ記事
モッピー!お金がたまるポイントサイト

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる