レンジでチン!チーズタッカルビの作り方。簡単仕込みごはんレシピ。

電子レンジ調理でも味は本格派!チーズタッカルビのレシピをご紹介します。
仕込みと仕上げの工程を分ける「仕込みごはん」は、簡単&時短で忙しい主婦には大助かり。
教えてくれたのは料理研究家の上田淳子さん。

(情報元:日本テレビ「スッキリ」2019年8月21日放映)

チーズタッカルビ

材料(2人分)

鶏もも肉 1枚(約300g)
玉ねぎ 1/2個
キャベツ 200g
しめじ 100g

【調味料】
コチュジャン 大さじ2
醤油 大さじ2と1/2
酒 大さじ1
白すりごま 大さじ2
ごま油 大さじ1
にんにく(すりおろし) 小さじ2

準備(前仕込み)

1、鶏肉は1.5cmくらいの幅にカットする。
玉ねぎは薄くスライスし、キャベツはざく切りにする。
しめじは小房に分ける。

2、カットした鶏肉をボウルに入れ、【調味料】を全て加えて鶏肉に絡める。

3、耐熱皿に野菜を敷き、しめじをのせる。
その上に鶏肉をのせたら、ラップをして冷蔵庫へ入れる。

Point鶏肉に味が染み込み、おいしさアップ!
冷蔵庫で3日間ほど保存可能です。
調理(後仕上げ)

1、600Wの電子レンジで約8分温め、取り出して一度軽く混ぜる。

2、お好みのチーズを散らしてさらに電子レンジで約3分温める。


同日に放送されたレシピ

同日に放送された「仕込みごはん」は以下の記事にまとめています。

上田淳子さんの紹介とレシピ本

上田淳子さんはあさイチでもお馴染みの料理研究家。
プライベートでは、双子の男の子の母親でもあり、子育てと仕事の両立から編み出した”時短レシピ”の達人です。
そんな上田淳子さんが考案したのが「仕込みごはん」

仕込みごはんとは、前日の晩や休日などに行う「前仕込み」と当日に行う「後仕上げ」の二手間に分散させることで、帰宅後の調理を簡単にするというアイデア調理術。

今回番組で取り上げられた「仕込みごはん」の本をご紹介します。

まとめ

チーズタッカルビは我が家でもレンチンで作りますが、前仕込みをして冷蔵庫においておけることを今日知ったので、次回からは前仕込みをしておいて、後は電子レンジでチンするだけ!にしておこうと思いました。

前仕込みをしておくことで、晩ご飯のメインが電子レンジで温めるだけでできるなんて、主婦にとっては救世主的なメニューですね!