帰宅後に8分炒めるだけ!さばの洋風オニオンソースのレシピをご紹介します。
仕込みと仕上げの工程を分ける「仕込みごはん」は、簡単&時短で忙しい主婦には大助かり。
前仕込みをしておくことでさばの生臭さが消え、風味がアップします!
教えてくれたのは料理研究家の上田淳子さん。

(情報元:日本テレビ「スッキリ」2019年8月21日放映)


さばの洋風オニオンソース

材料(2人分)

さば 2切れ
レモン 2枚
オリーブオイル 小さじ2

玉ねぎ 1個
塩 小さじ1/2
こしょう 適量
レモン汁 大さじ1と1/2
オリーブオイル 大さじ3

準備(前仕込み)

1、レモンは輪切りにする。

2、さば、レモン、オリーブオイルをポリ袋に入れてすり込む。
冷蔵庫で保存する。

レモンのクエン酸で生臭さが消え、オリーブオイルとの相性で風味がアップ!

3、玉ねぎはスライサーで薄くスライスし、水にさらしてよくもみ込む。

4、水気をよく絞り保存容器に入れ、塩、こしょう、レモン汁、オリーブオイルを加えて混ぜる。
冷蔵庫で保存する。

オニオンソースも前仕込みしておくことで、玉ねぎの辛みが抜け、まりやかな味わいになる。
豚の冷しゃぶや冷奴にかけても合います。
冷蔵庫で3日間ほど保存可能です。
調理(後仕上げ)

1、魚焼きグリルにサバ、サバの上にレモンをのせて約8分焼く。

2、お皿に盛り、オニオンソースをかける。

同日に放送されたレシピ

同日に放送された「仕込みごはん」は以下の記事にまとめています。

上田淳子さんの紹介とレシピ本

上田淳子さんはあさイチでもお馴染みの料理研究家。
プライベートでは、双子の男の子の母親でもあり、子育てと仕事の両立から編み出した”時短レシピ”の達人です。
そんな上田淳子さんが考案したのが「仕込みごはん」

仕込みごはんとは、前日の晩や休日などに行う「前仕込み」と当日に行う「後仕上げ」の二手間に分散させることで、帰宅後の調理を簡単にするというアイデア調理術。

今回番組で取り上げられた「仕込みごはん」の本をご紹介します。

まとめ

我が家ではサバの調理法と言えば、塩焼き、味噌煮、竜田揚げ・・・でしたが、洋風のレパートリーが増えそうです。

魚の臭みを消す方法はレモンの他にもありますが、前仕込みしている最中に味付けもでき、ついでに魚の臭みが消えるなんて一石二鳥ですよね!

こちらの記事もオススメです!