ヨーグルトパックのやり方。世界一受けたい授業で話題。

世界一受けたい授業で放送された「美肌菌」を育てる方法をご紹介します。
肌のくすみを改善するヨーグルトパックのやり方は必見です!
教えてくれたのは、銀座系スキンクリニックの慶田朋子先生。

(情報元:日本テレビ「世界一受けたい授業」2019年8月31日放映)

美肌菌を育てる方法

肌には腸と同じく善玉菌と悪玉菌が存在します。
腸で言う善玉菌のような働きをしているのが美肌菌です。
代表的なものが、表皮ブドウ球菌で肌に潤いをもたらす救世主。
美肌菌を育てれば悪玉菌の増殖を抑えることができ、肌をみずみずしく保つことができます。

シミ、シワ、たるみの原因の約8割は、太陽光が原因で起こります。
太陽光で起こる老化を光老化と言い、長期間太陽光線を浴び続けることでシワ、たるみなどが現れます。

慶田先生によると、美肌菌は誰でも持っている菌で、肌を守っているバリアの膜を作ったり、お肌に潤いを与えたりするいいことずくめの菌だそう。

美肌を保つためには、美肌菌を増やして悪玉菌を減らすことが大切です。

カミソリで顔の毛を剃ったらダメ

美肌菌は皮膚の一番外側にある角層の表面とすき間に存在していて、顔の毛を剃ると表面の角層と一緒にそり落としてしまい、潤いのない肌になってしまうのです。

一度なくなってしまった美肌菌は、回復するのに時間がかかってしまいます。

産毛が気になる人も多いと思いますが、カミソリの使用はなるべく少なくすることをおすすめします。

先生曰く、レーザー脱毛がおすすめとのことでした。

腸内環境を整える

美肌菌がすみやすい肌環境にするには、腸内環境を整えること。

肌と腸の環境は大きく関係していて、腸内環境が改善すると肌の水分量が上昇し、肌荒れが減るため、美肌菌がすみやすい環境になります。

腸内環境を整えるために先生がおすすめするのは、無糖ヨーグルト。

食物繊維が豊富なプルーンやいちじくなどのドライフルーツを入れて食べると効果がよりアップします。


正しい洗顔方法

やってはいけない洗顔方法が以下の3つ。

  • 洗顔後に冷水でしめる
  • タオルでゴシゴシ顔を拭く
  • 洗顔後に5回しかすすがない

タオルの繊維でゴシゴシこすると美肌菌を奪ってしまいます。
タオルで優しく押さえて水分を取るようにすればOKです。

また、洗顔後に冷水でしめると皮膚の温度が下がり、潤い物質が蒸発しやすくなります。
人肌の温度で洗うようにしましょう。

洗顔後のすすぎが5回だと顔の中心は汚れが落ちていますが、生え際や首に残ってしまっています。
パーツごとに洗い、15回ほどすすぐと良いとのことでした。

個人差はありますが、正しい洗顔を2週間続けるだけで、キメが整い、透明感がアップするそうです。

シミ予防にはアスタキサンチンが効果的

紫外線によるシミを防ぐアスタキサンチンが豊富に含まれている食べ物がです。

鮭には肌のダメージを修復する働きがあります。
鮭に含まれているアスタキサンチンは最強の抗酸化物質と言われており、シミやシワの原因になる活性酸素を除去し、肌ダメージを軽減してくれます。

ヨーグルトパックのやり方

紫外線のダメージで気になるのが、肌のくすみ。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、肌の新陳代謝を促す効果があります。

肌は4週間かけて新しい表皮に生まれ変わり、さらに2週間かけて古い角層がはがれ落ちます。
これをターンオーバーと言います。
新陳代謝を促進し、ターンオーバーの周期を整えることで、キレイな肌を保つことができます。

用意するもの

無糖ヨーグルト

やり方

1、軽くぬるま湯で洗顔する。

2、ヨーグルトを顔全体に塗る。

3、5~10分ほど放置する。

4、ヨーグルトをきれいに洗い流す。

ヨーグルトパックを週に3回、2週間続けると、くすみが改善されるそうです。