レモン塩の作り方。材料を混ぜるだけの簡単レシピ。

レモン塩の作り方をご紹介します。
材料はレモンと塩のたったの2つ!
レモンを塩に漬けるだけで自家製レモン塩が作れます。
レモン塩は肉や魚の臭みを消してくれたり、やわらかくしてくれたりします。

レモン塩の作り方

材料(作りやすい分量)

レモン塩 作り方 画像

国産レモン 3個(500~600g)
粗塩 500g
保存瓶 容量1リットルのもの

作り方

1、保存瓶は消毒しておく。

[keni-linkcard url=”https://www.foodfreez.com/hozonbin/”]

2、レモンをよく洗い、キッチンペーパーで水けを拭き取る。
ヘタは除く。
半量は5mm~1cm程度の厚さの輪切りに、残りの半量は乱切りにする。

レモン塩 作り方 画像

3、保存瓶に底が隠れるくらいの粗塩を入れる。
レモンを1/3量、残りの塩の1/3量を順に入れていき、一番最後は塩でふたをする。
フタを閉めて冷暗所に置く。

レモン塩 作り方 画像

レモン塩 作り方 画像

レモン塩 作り方 画像

4、2~3日に瓶をゆすってレモンに塩を行き渡らせる。
レモンが液体に浸るまで1~2週間そのままおく。

レモン塩 作り方 画像

出来上がったレモンは「レモン塩」「レモン塩エッセンス」「レモン塩果実」に分けて使うことができます。

レモン塩

下に沈んだ塩です。
レモンの風味と酸味が移った塩が出来上がっています。
肉や魚の下ごしらえ、いつもの塩の代わりに活躍してくれます。

レモン塩エッセンス

塩の上澄み部分の液体です。
レモンの水分が染み出ていて、レモンの香りと塩気がほどよいバランス。
サラッとしているので、素材によくなじみます。

レモン塩果実

漬かっていたレモンです。
レモンの苦みがほとんどないので、そのまま使ったり、刻んで使ったりと具材として使うことができます。
塩抜きしたらデザートとしても食べられます。

レモン塩の保存方法

レモン塩は常温で保存できますが、気になる人は冷蔵庫に入れて保存してもOKです。

何年でも保存ができ、熟成するほどまろやかな味わいになります。