あさイチで放送された梨の種類一覧をご紹介します。
梨の品種に詳しい鳥取大学農学部講師の竹村圭弘さんが、おすすめの品種についても教えてくれました。
個人的に新品種の「新甘泉(しんかんせん)」を一度食べてみたいなと思いました。

(情報元:NHK「あさイチ」 2019年9月25日放映)


梨の種類

市場に出回る梨の品種の数は、国産ブランドで50種以上もあります。
味や食感、旬の時期が異なるので長い期間いろいろな梨を味わうことができます。

梨の代表的な種類は、「幸水」「豊水」「二十世紀」ですが、今注目を集めている新品種が「新甘泉(しんかんせん)」。

新甘泉は鳥取県産の極甘ブランド梨で、「新しい、すごく甘い、泉のように水分が湧き出る」が名前の由来だそうです。
二十世紀梨の突然変異で生まれた梨とみずみずしさが特徴の梨をかけ合わせて生まれたのが新甘泉で、その糖度は15.4度もあり、高級メロンより甘いのが特徴です。


梨の種類一覧

市場に出回っている梨の種類をご紹介します。

愛甘水(愛知)、秋栄(鳥取)、あけみず(愛知)、加賀しずく(石川)、喜水(静岡)、幸水(千葉)、秋麗(熊本)、新甘泉(鳥取)、多摩(青森)、夏さやか(鳥取)、
なつひめ(鳥取)、秋甘泉(鳥取)、あきづき(千葉)、ゴールド二十世紀(鳥取)、菊水(大分)、彩玉(埼玉)、秀玉(東京)、新王(新潟)、端鳥(鳥取)、南水(長野)、
二十世紀(鳥取)、平塚16号かおり(千葉)、豊水(千葉)、愛宕(岡山)、王秋(鳥取)、晩三吉(大分)、観月(愛知)、きらり(栃木)、秋泉(秋田)、新興(新潟)
新雪(群馬)、爽甘(鳥取)、新高(新潟)、にっこり(栃木)、豊月(千葉)、

梨の品種に詳しい鳥取大学農学部講師の竹村圭弘さんが、おすすめの品種について教えてくれました。

  • 新高(新潟)・・・10月頃から市場に出始める品種で強い甘みがあり、幸水、豊水についで国内で3番目に生産量が多く、人気の品種。
  • 王秋(鳥取)・・・柔らかくて、とてもなめらかな食感。みずみずしく上品な甘さが特徴。10月下旬ころから出回り、鳥取や千葉での生産が盛ん。
  • 愛宕(岡山)・・・超巨大梨。大きいものだと3kgほどあるそうです。
梨に関するおすすめ記事