スーパーのお惣菜で買ってきた唐揚げや、前日に揚げて余った唐揚げを揚げたてのカラッとパリパリに温め直す方法をご紹介します。
電子レンジで温め直すとベチャベチャになってしまったことはありませんか?
魚焼きグリルとオーブントースターを使うことで、サクサクかつジューシーに仕上がります。

(情報元:NHK「あさイチ」 2019年9月24日放映)


唐揚げの温め直し方

唐揚げを温め直すには、鶏肉の中心部分と衣の部分で最適な温度が違ってきます。
外側の衣は水分を蒸発させるために100℃以上の高温で温める必要があります。
一方、内側の鶏肉は温度が高くなりすぎると水分が抜けて固くなってしまうので、60℃くらいが最適です。

魚焼きグリルだと外側が高温で、中はじんわりと火を通すことができます。

やり方

1、魚焼きグリルに唐揚げを並べる。
このとき、端は焦げるので少し話して並べるのがポイント。

2、両面焼きグリルの場合、弱火で4分焼き、余熱で2分半おく。
片面焼グリルの場合、弱火で4分焼き、ひっくり返して弱火で3分焼き、余熱で2分半おく。


オーブントースターで唐揚げを温め直す方法

教えてくれたのは、日本唐揚協会の八木宏一郎さん。
唐揚げ4個の場合でご紹介します。

やり方

1、唐揚げを600Wの電子レンジで30秒温める。

2、しわしわにしたアルミホイルに唐揚げをのせる。

3、オーブントースターで1分温める。

4、ひっくり返してさらに1分温める。

おすすめ唐揚げレシピ

同日に放送されたレシピ