おでんの大根を短時間で染み込ませる方法。電子レンジと下茹でがポイント。

あさイチで放送された「おでんの大根に味を染みこませやすくする」方法をご紹介します。
電子レンジで下ごしらえをした後に、10分ほど下茹でするのがポイントです。
教えてくれたのは、電子レンジ調理の専門家 肥後温子さん。

(情報元:NHK「あさイチ」 2019年11月5日放映)

  • 大根の皮をぶ厚めにむく
  • 大根の片面に切り込みをたくさん入れる
  • 大根とラップを密着させて電子レンジで加熱する

おでんの大根に味を染みこませやすくする方法

材料(作りやすい分量)

大根 500g
小麦粉 小さじ1
おでんのつゆ 約1リットル

作り方

1、大根は、皮を5mmほどぶ厚めにむき、2cm厚さの輪切りにする。
片面に格子状の細かい切り込みを入れ、半月形にする。

一口memo大根に切り込みをたくさん入れることで、電子レンジのマイクロ波が当たりやすくなる。

2、ボウルに大根が半分つかるほどの水(目安は200ml)と小麦粉を入れてよく混ぜる。

一口memo水を入れすぎると大根に電子レンジのマイクロ波が当たりにくくなる。
大根が半分漬かるくらいの水量にしましょう。

3、(2)に大根を加えて、空気が入らないよう「落としぶた」のようにラップをする。

一口memo落としぶたのようにラップをするのがコツ。
大根とラップをできるだけ密着させることで、熱が逃げにくくなり、大根をより高温にすることができる。

4、600Wの電子レンジで10分加熱する。

一口memo大根を10分間レンジで加熱することは、1時間下茹でするのと同じ効果がある。

5、ラップを取り、大根の水けをきる。
大根が温かい状態のまま、熱々のおでんつゆに入れ、30分ほど煮る。

オイシックス 献立キット 画像 オイシックス 献立キット 画像

電子レンジで下ごしらえできるおでんの具

大根の他に、電子レンジを使って下ごしらえできるおでんの具をご紹介します。

じゃがいも

じゃがいもは皮つきのまま表面を水で軽くぬらし、ラップで包み、600Wの電子レンジで3~4分加熱する。
粗熱が取れたら皮をむく。

一口memo茹でるより短時間で火が入るので、崩れにくくなる。
厚揚げ・がんもどき

食べやすい大きさに切った厚揚げとがんもどきの表面を水で軽くぬらす。
キッチンペーパーで包み、600Wの電子レンジで1分加熱する。

一口memo油抜きが出き、揚げたてのようなふっくら感があるのでおでんつゆがしみ込みやすくなる。
おすすめのおでんレシピ

こんな記事も読まれています

レシピカテゴリー

新着レシピ

  1. 大根とちくわの塩おでん。浜内千波さんのレシピ。

  2. ヒラタケのとんこつ風小鍋。浜内千波さんのレシピ。

  3. タラと玉ねぎの濃厚みそ小鍋。浜内千波さんのレシピ。

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. みかんの皮が掃除に大活躍!みかん水の作り方。

  2. みかんをカビから守って長持ちさせる保存方法。

  3. デーツは栄養満点!デーツの効果効能。

  1. 洗濯物についたティッシュを取る裏ワザ的な方法

カテゴリー