牛肉とごぼうのスープ レシピ。ATSUSHIの魔法の美腸スープ。

食物繊維と水分で作る魔法の美腸スープ「牛肉とごぼうのスープ」レシピをご紹介します。
腸がきれいになって腸がぐんぐん動くので、便秘解消に効果的!
教えてくれたのは、スキンケア商品の開発や体の中から美しくなる美レシピを考案しているATSUSHIさん。

魔法の美腸スープとは
  • 腸の動きが活発になる
  • 低糖質で高たんぱく質
  • 低カロリー
  • 夏バテ防止にも効果が期待できる
  • 10分で作れる

(情報元:日本テレビ「スッキリ」2019年8月5日放映)

牛肉とごぼうのスープ

牛肉の「イノシン酸」×長ネギや昆布だしの「グルタミン酸」でうま味がアップ!

材料(3食分)

牛薄切り肉(赤身)200g
ごぼう 200g
しめじ 100g
長ネギ 1本
にんにく 2片
しょうが 20g
味噌 大さじ2
水 600ml
顆粒昆布だしの素 大さじ1
酒 大さじ2
ごま油 大さじ1
水 600ml
白すりごま 大さじ2
一味唐辛子 適量

作り方

1、鍋にごま油を入れて中火で熱する。
みじん切りにしたにんにく、千切りにしたショウガを加えて炒める。

2、(1)に斜め切りにした長ネギを加えてさらに炒める。

3、ごぼうは皮付きのまま(泥は落として洗う)小口切りにする。
(2)に加えて炒める。

一口memo野菜は皮に近い部分に栄養が多く含まれているので、皮をむくのはもったいない。
ごぼうは食物繊維が豊富なので、腸の動きが活発になり美腸につながる。

4、(3)に牛肉を加えて炒める。

一口memo牛肉はLカルニチンが含まれ、脂肪燃焼効果が期待できる。

5、全体に火が通ったら水を加え、あくを取りながら3分ほど煮る。

6、最後にしめじを加えて1分ほど煮る。

一口memoしめじは、食物繊維が豊富で、低糖質、低カロリー。
美腸に効果が期待できる。

7、顆粒昆布だしの素、酒、味噌を加えて、仕上げに白すりごまを加える。


味噌汁のおすすめレシピ

同日に放送されたレシピ

ATSUSHI第2弾レシピ