冷やし中華の錦糸卵&タレの作り方。市販 付属タレのアレンジレシピ。

冷やし中華に欠かせない錦糸卵とタレの作り方をご紹介します。
薄焼き卵を美味しく作るポイントはフライパンの温度!
薄焼き卵の作り方から市販の付属のタレにちょい足しして作る極上ダレの作り方までを、美虎(みゆ)のオーナーシェフである五十嵐美幸さんが教えてくれました。
タレをより美味しくする五十嵐シェフのアイデアには脱帽です。

(情報元:日本テレビ「ヒルナンデス!」料理の超キホン検定 2019年7月22日放映)

冷やし中華の作り方

材料(2人分)

麺 2玉
卵 1個
茹でたエビ 2尾
かにかま 2本
きゅうり 1/4本
トマト 1/4個
ハム 2枚
水菜 適量

【極上ダレ】
付属のタレ 2袋
おろし生姜 大さじ1
ジンジャーエール 80ml

ミュゼプラチナム ミュゼプラチナム
作り方

1、野菜やハムなどの具材をカットする。

2、薄焼き卵を作る。
少量の油を入れて熱したフライパンを一旦濡れ布巾の上に置き、すぐに溶き卵を入れて全体に広げる。
広げたらすぐに余分な卵液をボウルなどへ移して取り除く。
その後、弱火で30秒ほど焼く。

フライパンを熱すると場所によって火力が違うので、何もせずに卵を入れてしまうと、火力が強い部分の卵はすぐに固まってボコボコとした卵になってしまいます。
濡れ布巾にフライパンを置くことで余分な熱を逃し、フライパン表面の温度が一定になり、そこに卵を流すときれいな薄焼き卵が出来上がります。

3、薄焼き卵をフライパンから取り出し、折りたたんで細長く切る。

4、【極上ダレ】の材料を全て混ぜ合わせ、タレを作る。

5、麺は表示の時間通りに茹で、湯を切り、流水で洗う。

6、お皿に麺を盛り、具材をのせ、タレをかけたら出来上がり!

こちらの記事もオススメです!

[keni-linkcard url=”https://www.foodfreez.com/kinsitamago/”] [keni-linkcard url=”https://www.foodfreez.com/hiyasichuuka3/”] [keni-linkcard url=”https://www.foodfreez.com/hiyasichuuka/”]
同日に放送されたレシピはこちら

[keni-linkcard url=”https://www.foodfreez.com/purin2/”]