よだれ鶏の冷やし中華 レシピ。プロが教えてくれる本格よだれ鶏。

よだれ鶏の冷やし中華 レシピをご紹介します。
お湯に鶏むね肉を浸すだけで簡単かつ本格的なよだれ鶏が作れます。
暑い夏に食べたいピリ辛冷やし中華を教えてくれたのは、中国料理店オーナーシェフの陳建太郎さん。

(情報元:NHK「あさイチ」みんな!ゴハンだよ 2019年7月29日放映)

よだれ鶏の冷やし中華

材料(2人分)

鶏むね肉 200g
ねぎ(青い部分) 1本分
しょうが(薄切り) 1かけ分
中華麺(生) 2玉(240g)
きゅうり 1本分
トマト 1/2コ分
コーン(缶詰) 適量
ピーナツ(砕く) お好みで
白ごま お好みで
パクチー お好みで

塩 小さじ2
酒 大さじ1

【タレ】
黒酢 大さじ3
ラー油 大さじ4弱
砂糖 80g
しょうゆ 大さじ5
花椒粉(ホワジャオフェン) 少々
にんにく(すりおろす) 小さじ1/2
しょうが(すりおろす) 小さじ1
ごま油 大さじ1
水 大さじ1

ラー油が大量に入っているので、お好みで辛さを調整して下さい。
ミュゼプラチナム ミュゼプラチナム
作り方

1、よだれ鶏を作る。
なべで湯(1リットル/分量外)を沸かして火を止め、塩(小さじ2)、酒(大さじ1)を加える。
ボウルに湯、鶏むね肉、ねぎ、しょうがを入れてラップをし、20分間おく。
鶏肉を取り出し別のボウルに入れた氷水に移し、10分間ほどおいて粗熱をとる。
水けを拭き取り、1cm厚さのそぎ切りにする。

2、きゅうりは薄切り、トマトは1cm角に切る。

3、ボウルにタレの材料を全て入れ、よく混ぜ合わせる。

タレは冷蔵庫で1週間ほど保存可能。

4、麺を袋の表示どおりに茹で、流水で洗い、水けをしっかりきる。

5、器に麺を盛り、よだれ鶏、きゅうりをのせ、トマトとコーンはまわりに散らす。
タレをかけ、お好みでピーナツ、白ごま、パクチーをトッピングする。

こちらの記事もオススメです!

[keni-linkcard url=”https://www.foodfreez.com/hiyasichuuka5/”] [keni-linkcard url=”https://www.foodfreez.com/hiyasichuuka3/”] [keni-linkcard url=”https://www.foodfreez.com/hiyasichuuka/”]