暑い夏に食べられる「冷やし鍋」のレシピ。食材を煮込まない鍋。

夏の冷やし鍋レシピをご紹介します。
冷たいスープで、食材を煮込まない鍋なので夏でもさっぱり食べられます。
肉、魚の他、夏野菜もたっぷり入っていますよ。
キンキンに冷やしても味がボケないように濃いめの味付けにするのがポイントです!

(情報元:テレビ東京「男子ごはん」2019年8月11日放映)

夏の冷やし鍋

材料(4人分)

レタス 大2枚
万能ねぎ 4本
三つ葉 1束
青じそ 10枚
かいわれ 1/2パック
きゅうり 1本
トマト 小1個
みょうが 1個
豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用) 150g
鯛(刺身用) 1さく(100g)
酒 適量

【スープ】
かつおだし 1400㏄
薄口しょうゆ 大さじ3
酒 大さじ3
みりん 大さじ3
塩 大さじ1

【ニラだれ】
ニラ 1束
豆板醤 小さじ2
酢 小さじ2
しょうゆ 大さじ1

【ごまだれ】
にんにく 2かけ
白ねりごま 100g
サラダ油 適量
水 少々
しょうゆ 大さじ1.5
みりん 大さじ1/2
砂糖 小さじ1

【〆の雑炊風焼きおにぎり】
長芋 10㎝
焼きおにぎり 適量
残った薬味 適量

冷やし鍋のかつおだしベースのスープに2種類のたれを作ることでバリエーションを加える。
作り方

1、スープを作る。
鍋にかつおだしを入れて、沸騰したら酒、みりん、塩、薄口しょうゆを加えてひと煮する。
ボウルに移し、粗熱が取れたら冷蔵庫でしっかりと冷やす。

2、ニラだれを作る。
ニラはみじん切りにしてボウルに入れ、豆板醤、酢、しょうゆを加えて混ぜる。

3、ごまだれを作る。
にんにくは薄切りにする。
フライパンにサラダ油、にんにくを入れて弱火にかけ、かえしながらきつね色になるまでカリッと揚げる。
ボウルにしょうゆ、みりん、砂糖、白ねりごま、水、にんにくを入れて砕きながらよく混ぜる。

4、青じそ、レタス、みょうがは千切りにする。
きゅうりは斜め薄切りにしてから千切りにする。
トマトは1㎝角の拍子木切りにする。
かいわれは根元を切り落とす。
万能ねぎ、三つ葉は4㎝長さに切る。

5、鍋に湯を沸かして、酒を加える。
豚肉を入れてサッとゆで、氷水にとって冷まし、水気をしっかりと切る。
鯛はそぎ切りにする。

6、スープを鍋に入る。
たれを器に入れる。
野菜、豚肉、鯛を器に盛り付ける。

7、スープに具材を入れて、スープごと取り皿に取り、たれをつけながらいただきます。

8、シメを作る。
長芋の皮をむいてすりおろす。
焼きおにぎりをお茶碗に入れる。
鍋のスープを注ぎ、余ったかいわれや万能ねぎなどを乗せる。
長芋をかけて、くずしながらいただきます。

厚揚げのごまニラにんにくオイル

材料

厚揚げ 1個
ニラだれ 適量
ごまダレ 適量
にんにくオイル 適量

作り方

1、厚揚げは魚焼きグリルで焼き、少し焼き目がついたらごまダレを塗って少し焼く。

2、器に盛り、ごまダレをのせ、にんにくオイルを熱してかける。