梅干し入りそうめんの茹で方。アレンジレシピ「お茶漬けそうめん」。

梅干しを使ったそうめんの茹で方&家庭で簡単にできるそうめんのアレンジレシピ「お茶漬けそうめん」をご紹介します。
番組の実験では梅干しと一緒に茹でたそうめんはコシが19%もアップしていました!

(情報元:TBSテレビ「教えてもらう前と後」2019年8月13日放映)

梅干しを入れるそうめんの茹で方

そうめんを茹でる時に「梅干し」を入れると劇的に美味しくなります。
なぜ美味しくなるかというと、梅干しを入れて沸騰させるとクエン酸の効果でデンプンが引き締まりコシが生まれるため。

1、鍋に水と梅干しを入れて沸騰させる。

2、そうめんを入れて、袋の表示時間通りに茹でる。

茹でるとコシの素である「デンプン」が溶け出しますが、水の状態から梅干しを入れておくと、溶け出すデンプンを麺に閉じ込めてくれる効果がある。
[keni-linkcard url=”https://www.foodfreez.com/soumen12/”]

そうめんは氷水につけると味が落ちる

そうめんを水につけると甘みや香りが落ち、麺も伸びます。

うどんと同じように水を切って盛り付けるようにしましょう。

[keni-linkcard url=”https://www.foodfreez.com/soumen1/”]

お茶漬けそうめん

材料

そうめん
お茶漬けのもと
しば漬け
天かす
氷水

作り方

1、そうめんを茹で、水気をよく切って器に盛りつける。

2、お茶漬けのもと、しば漬け、天かすを乗せる。

3、氷水を注ぐ。

こちらの記事もオススメです!

[keni-linkcard url=”https://www.foodfreez.com/soumen11/”] [keni-linkcard url=”https://www.foodfreez.com/soumen9/”]