泡立て器やブレンダーで簡単手作り!プロが教えるマヨネーズの作り方。

ホテルで働いていたプロの料理人から教えていただいた手作りマヨネーズのレシピをご紹介します。
市販のマヨネーズより酸味があり、ドレッシングにしても美味です。
泡立て器でも十分作れますが、ハンドブレンダーがあれば手も疲れないし、時短で作ることができます。
マヨネーズを家で作ってみたものの、分離したり固まらなかったりした経験はありませんか?
そんな時のコツもプロが教えてくれましたよ♪
自家製マヨネーズが食卓に並ぶと、なんだか少しリッチな気分になります。
作ったマヨネーズは冷蔵庫で2週間ほど保存可能なので、けっこう日持ちします。

マヨネーズの作り方

材料

卵黄 2個
サラダ油 250g
りんご酢 50g
コショウ 少々

りんご酢を米酢に変えてもOK!
和風味のマヨネーズになります。
作り方

1、ボウルに卵黄、りんご酢を入れて、よく混ぜる。

[char no=”4" char=”ブーコック”]卵黄は、サラダ油の「油」とりんご酢の「水」を乳化させる役目をするよ。[/[/char]p>2、(1)にサラダ油を少しずつ垂らしながら、もう一方の手で泡だて器やハンドブレンダーを常に動かしながら混ぜ合わせる。

[c[char no=”4" char=”ブーコック”]の時サラダ油を一気に加えると分離してしまうから気を付けて!
少しずつ少しずつ垂らして、その都度よく混ぜましょう。[/ch[/char]3、混ぜ続けるとだんだんモッタリしてくるので、好みの固さになるまで混ぜる。

[cha[char no=”4" char=”ブーコック”]とモッタリさせたい場合は、サラダ油を追加してね![/char[/char]、仕上げにコショウで味を調える。

[char [char no=”4" char=”ブーコック”]時、お好みで塩を加えてもよし。
自分好みの味に仕上げられるのが手作りマヨネーズの良さです。
塩コショウの分量をいろいろ試してみて、自分だけのオリジナルマヨネーズを作ってみて下さい。
お味噌を少し足すとサラダによく合うドレッシングに大変身![/char] [/char]"outline__2">からしマヨネーズの作り方
材料

粉からし 5g
水 10g
卵黄 2個
サラダ油 250g
りんご酢 50g
コショウ 少々

作り方

1、ボウルに粉からし、水を入れてよく練り合わせる。

[char no[char no=”4" char=”ブーコック”]の工程は、通常のマヨネーズの作り方と一緒だよ。[/char] [/char]ウルに卵黄、りんご酢を入れて、よく混ぜる。

3、(1)にサラダ油を少しずつ垂らしながら、もう一方の手で泡だて器やハンドブレンダーを常に動かしながら混ぜ合わせる。

4、混ぜ続けるとだんだんモッタリしてくるので、好みの固さになるまで混ぜる。

5、仕上げにコショウで味を調える。

究極のMYO(マヨネーズ)

最近何かとテレビで話題になっているマヨネーズを作る機械「究極のMYO(マヨネーズ)」。
テレビで観た瞬間、絶対欲しい!と思ったのですが、物珍しさに作るのも最初だけかなぁなんて思いながらまだ購入していません。
こういう便利な機械も試してみながら、自分で手作りしたマヨネーズと味比べしたりするのも面白いですよね。

個人的に、子どもの夏休みの自由研究なんかに最適かなと、ふと思いました(笑)。
もう小学生の子どもがいないので、どなたかに是非試していただきたいです!
題材的には絶対面白いですよね。
機械マヨネーズVS手作りマヨネーズ・・・みたいな?。