めんつゆの2倍濃縮と3倍濃縮の違い。賞味期限が長いのは「3倍濃縮」!

めんつゆの2倍濃縮と3倍濃縮の違いをご説明します。
濃縮の違いで賞味期限が変わるということを知っていますか?

(情報元:朝日テレビ「林修の今でしょ!講座」2019年8月27日放映)

めんつゆの2倍濃縮、3倍濃縮の違い

2倍濃縮、3倍濃縮というのは、めんつゆの濃度を表しています。

めんつゆのストレートは薄めずにそのまま使うことができますが、2倍濃縮、3倍濃縮になると、濃度が濃いので水で薄めなくてはいけません。

めんつゆの一番美味しい濃度
  • 2倍濃縮は、めんつゆ100cc+水100cc=合計200ccにします
  • 3倍濃縮は、めんつゆ100cc+水200cc=合計300ccにします
  • 4倍濃縮は、めんつゆ100cc+水300cc=合計400ccにします

なぜ濃度の高いめんつゆが売られているの?

濃度が高いめんつゆほど長持ちします。

濃度が高いほど塩分量が多く、微生物や雑菌が増えにくいのです。

めんつゆの賞味期限

めんつゆは濃度によって賞味期限が異なります。

商品によっても異なりますが、めんつゆ未開封の場合は約1年です。

めんつゆ開封後の場合は、下記の通りです。

  • ストレートの場合3~5日
  • 2倍濃縮の場合2~3週間
  • 3倍濃縮の場合1~1.5か月
同日に放送されたレシピはこちら

[keni-linkcard url=”https://www.foodfreez.com/karaage7/”] [keni-linkcard url=”https://www.foodfreez.com/kinpira4/”] [keni-linkcard url=”https://www.foodfreez.com/mentuyu/”]