ヒルナンデスで放送された「エビの殻とごま油のふりかけ」と「煮干しとセロリの佃煮風ふりかけ」のレシピをご紹介します。
エビの殻と出汁をとった後の煮干しを使ったリメイクレシピ。
エビの殻にはうまみ成分が豊富に残っているので捨てるのはもったいないんです!
教えてくれたのは、元南極地域観測隊のシェフの渡貫淳子さん。

(情報・画像元:日本テレビ「ヒルナンデス!」 2019年10月1日放送)


エビの殻とごま油のふりかけ

エビの殻とごま油のふりかけ 画像

材料

エビの殻
ネギ
ごま
かつお節
ごま油

作り方

1、フライパンでエビの殻を炒める。
うっすらピンク色になったら取り出し、ポリ袋に入れ、手でもみながらエビの殻を砕く。

2、砕いたエビの殻をフライパンに入れ、ネギ、ごま、かつお節、ごま油とともに炒める。
塩で味を調える。


煮干しとセロリの佃煮風ふりかけ

煮干しとセロリの佃煮風ふりかけ 画像

材料

出汁をとった後の煮干し
みりん
醤油
砂糖
セロリの葉
柿ピー 

作り方

1、出汁をとった後の煮干しをフライパンで炒める。
カリカリになってきたら食べやすいサイズに砕き、一旦取り出す。

2、フライパンにみりん、醤油、砂糖を入れて強火で加熱して煮詰める。

3、(2)の泡が大きくなってきて煮詰まってきたら、(1)を加えて火を止めて絡める。

4、(3)にセロリの葉を加えて炒め合わせる。

5、(4)に粗めに砕いた柿ピーを入れて混ぜ合わせる。

同日に放送されたレシピ