炊飯器で作るローストビーフの簡単レシピ。温度と時間を守るだけで失敗なし!

炊飯器で作るローストビーフのレシピをご紹介します。
60℃の温度で1時間保温しておくだけで、失敗せず簡単に作ることができます。
余った肉汁で作るソースも絶品です!

(情報元:ソレダメ 2019年8月21日放映)

ローストビーフの作り方

材料

牛モモ肉の塊肉 500g
塩、コショウ 適量

【ソース】
余った肉汁
酒 大さじ1
醤油 大さじ2
はちみつ 大さじ1
粒マスタード 小さじ1

作り方

1、冷蔵庫から肉を出し、常温に戻しておく。

2、肉に塩、コショウを適量振りかける。

3、フライパンで表面全体に焼き色をつけ、ジッパー付の密閉袋に入れて真空状態にする。
ボウルに水を張り、密閉袋を入れて軽く押すだけで真空状態になります。

真空状態にすることによって、全体に均一に火が入る。

4、炊飯器の釜に60℃のお湯を入れ、(3)の肉を袋ごと入れ、保温モードで1時間おく。

肉のたんぱく質は60℃くらいで火が通ります。
60℃のお湯は給湯器の温度を調整して出します。

5、30分ほど寝かせてから包丁でカットする。

出来上がってすぐに切ってしまうと肉汁が流れ出てしまいます。

6、【ソース】の材料をフライパンで煮詰める。

こちらの記事もオススメです!

[keni-linkcard url=”https://www.foodfreez.com/gotisou/”] [keni-linkcard url=”https://www.foodfreez.com/roastbeef1/”] [keni-linkcard url=”https://www.foodfreez.com/kondate/”]
同日に放送されたレシピはこちら

[keni-linkcard url=”https://www.foodfreez.com/kakuni4/”]