電子レンジで5分調理!焼かない豚の生姜焼き レシピ

豚の生姜焼き レシピ3種をご紹介します。
健康がパワーアップする生姜焼き、名店の味が再現できる生姜焼き、電子レンジで作る焼かない豚の生姜焼きです。

(情報元:TBSテレビ「教えてもらう前と後」2019年7月30日放映)

夏バテ予防に効果的な豚の生姜焼き

豚の生姜焼きは、夏バテ予防に効果が期待できるメニューです。

豚肉のビタミンB1の量は、牛肉の約10倍多く含まれています。
生姜には整腸作用、食欲増進、免疫力の向上など夏バテ対策になるさまざまな健康効果があります。

豚の生姜焼きは、夏バテ予防に欠かせない栄養素であるビタミンB1を最高の形でとることができるのです。

健康がパワーアップする豚の生姜焼きレシピ

夏バテ解消と健康がパワーアップするレシピ。

材料

玉ねぎ
豚ロース肉
生姜

【タレ】
醤油
みりん

【付け合わせ】
トマト
パプリカ
キャベツ

豚肉は、バラ肉よりもビタミンB1の含有量が多いロース肉がおすすめ。
玉ねぎを入れることによって、玉ねぎに含まれる「アリシン」がビタミンB1の吸収率を10倍に上げる。
作り方

1、玉ねぎを薄切りにする。

玉ねぎはアリシンを生み出すのに10分ほどかかるので、調理の最初に切っておくことが重要!

2、豚肉に小麦粉をふり、豚肉をコーティングする。

加熱するとビタミンB1が流出するので、流出を防ぐためにコーティングする。

3、生姜は皮ごとおろす。

生姜の皮にはポリフェノールやショウガオールなどが豊富に含まれている。

4、フライパンに油を引き、豚肉、玉ねぎ、すりおろした生姜を入れて、タレを絡める。

5、生姜はみじん切りにする。
付け合わせのパプリカのみじん切りとあえる。

生の生姜と加熱した生姜でダブルの効果!
生の生姜に含まれるジンゲロールは、発汗作用を促し、代謝をアップさせてくれます。
ジンゲロールは加熱するとショウガオールに変化し、血行促進、免疫力向上の効果が期待できます。

名店の味が再現できる豚の生姜焼きレシピ

酢とコンソメが決め手のレシピです。
教えてくれたのは、東京・鶯谷にある生姜焼きの名店「グリルビクトリヤ」店主の大原俊一さん。

材料

豚ロース肉

こしょう

小麦粉
ニンニク
ショウガ
コンソメスープ

作り方

1、豚ロース肉に塩、こしょうで下味をつけたら、酢を軽くまぶす。

酢には肉をやわらかくする効果がある。
火を通せば酸味はなくなります。

2、豚肉に小麦粉をまぶす。

3、フライパンに油を熱し、豚肉を焼く。
小さめのフタを豚肉に押し当てる。

フタをすることで焼き色が均等になる。
また、肉が縮まって固まらないようにする役割がある。

4、すりおろしたニンニクを加える。

ニンニクに含まれるアリシンはビタミンB1の吸収率を高めてくれます。

5、すりおろしたショウガを加える。

ショウガは直前にすりおろすことで、ショウガの香りと辛みが逃げない。
ショウガは空気に触れた瞬間から栄養分が低下し始めます。

6、コンソメスープを加える。

市販のコンソメ1個を300mlの水に溶かし、このうち50mlを使用します。

焼かない豚肉の生姜焼き レシピ

電子レンジで作る豚肉の生姜焼きです。
時間はたったの5分!

材料

豚バラ肉 120g
生姜チューブ たっぷり
玉ねぎ 1/3個
小麦粉 大さじ2
めんつゆ 50ml
ウスターソース 大さじ1

カレー粉 適量
マヨネーズ 適量

作り方

1、豚バラ肉を耐熱容器に重ならないように入れ、小麦粉をまぶし、蓋をして容器を振り、豚肉にまんべんなく小麦粉をまぶす。

2、(1)に玉ねぎ、めんつゆ、生姜、ウスターソースを入れ、600Wの電子レンジで4分加熱する。
2分たったら一旦取り出して混ぜ、再度2分加熱する。
お皿に盛る。

3、ボウルにマヨネーズ、カレー粉入れて混ぜ合わせる。
つけだれとして添えます。