熱中症対策に効果的!麦茶にちょい足し「梅はち麦茶」の作り方

熱中症対策には、水より麦茶の方が効果的です。
麦茶だけでも熱中症予防にはなりますが、あるものをちょい足しするだけでさらに効果が上がる2つの方法をご紹介します。
1つは塩を加える方法、もう1つは麦茶に梅干しとはちみつを加える「うめはち麦茶」です。

(情報元:TBSテレビ「教えてもらう前と後」2019年8月6日放映)


麦茶が熱中症対策に効果的な理由

麦茶の原料である大麦には体温を低下させる働きがあります。
番組で実際に実験されていましたが、水を飲んでも体温がほとんど低下しないのに対し、麦茶を飲むと体温がどんどん下がっていました。

また、緑茶やコーヒーと違って、麦茶にはカフェインがほとんど含まれていないので、脱水を防いでくれる働きもあります。


麦茶をパワーアップさせる方法

麦茶にちょい足しすることで熱中症予防対策により最適な飲み物にすることができます。

「塩」をちょい足しする

汗をかくと水分だけではなく塩分も出てしまうので、熱中症対策には塩分が必要になります。
そこで、麦茶に足りないミネラル(塩)を加えるとスポーツドリンクのような役目を果たしてくれます。

1リットルの麦茶に塩1~2g加えるのが適量。

「梅干し」と「はちみつ」をちょい足しする「うめはち麦茶」

麦茶に足りない塩分を梅干しが補い、梅干しに含まれるクエン酸には疲労回復効果が期待できます。
また、ハチミツはビタミンを補給してくれます。

材料

梅干し 適量
はちみつ 適量
麦茶 適量

作り方

1、梅干しをハチミツにつけて、常温で3日間ほど置く。

2、グラスに梅干し1個、梅干しを漬けていたハチミツ大さじ1を入れ、麦茶を注ぐ。

こちらの記事もオススメです!