あさイチで放送された油で揚げない唐揚げ「焼きから」の作り方をご紹介します。
魚焼きグリルで作るので油の後始末や油ハネが気になりません。
また、ノンオイルなのでカロリーも低く、ヘルシー。
教えてくれたのは、ガス会社 食情報センター所長の生田目早苗さん。

(情報元:NHK「あさイチ」 2019年9月24日放映)


焼きから

材料

鶏もも肉 300g

醤油 大さじ1
酒 大さじ1
おろしにんにく 小さじ1/2
おろししょうが 小さじ1/2
砂糖 小さじ1/2

片栗粉 大さじ4


作り方

1、ポリ袋に醤油、酒、おろしにんにく、おろししょうが、砂糖、鶏肉を入れてよくもみ込む。
10分ほど置いて味をなじませる。

2、(1)の袋の中に片栗粉を入れて、よくもみ込んでなじませる。

片栗粉を鶏肉になじませることで、鶏肉の中の脂が衣に浸透します。
それによって、魚焼きグリルの中で焼くときに揚げたような状態になります。

3、両面焼きグリルに皮を上にして鶏肉をのせる。

皮を上にしてのせることで、皮から出た脂が焼いている間に肉全体に染みて、唐揚げっぽい食感になります。

4、両面焼きグリルの場合、強火で8分焼く。
片面焼グリルの場合、強火で6分焼き、ひっくり返して強火で5分焼く。
IHグリルの場合、上記の加熱時間よりも少し長めにします。

鶏むね肉や手羽元でも同じ方法で「焼きから」が作れます。
おすすめ唐揚げレシピ

同日に放送されたレシピはこちら