【あさイチ】特製ラー油のよだれ鶏レシピ。プロの手作りラー油が絶品。

あさイチで放送された「特製ラー油のよだれ鶏」の作り方をご紹介します。
シェフ特性のラー油が家庭でも作ることができ、お店で食べるような本格的なよだれ鶏が家庭でも作れます。
教えてくれたのは、中国料理の山野辺仁シェフ。

(情報・画像元:NHK「あさイチ」ハレトケキッチン 2019年9月10日放映)

特製ラー油のよだれ鶏

材料(2人分)

鶏もも肉 1枚
塩 小さじ1/2
水 1500ml
塩 大さじ1

【付け合わせ】
なす 1コ
ねぎ 2分の1本
きゅうり 3分の1本
ごま(白) 小さじ1
ピーナツ(粗く刻む) 5粒

【ラー油】
サラダ油 100g
八角 1コ
ローリエ 1枚
ホワジャオ(粒) 10粒
にんにく(つぶす) 1かけ
粉とうがらし(韓国産) 50g

【甜醤油(テンジャンユ)】
しょうゆ 100ml
酒 100ml
砂糖 100g
ねぎ(青い部分) 1本分
しょうが(薄切り) 1かけ
にんにく(つぶす) 1かけ
八角 1/2コ
ホワジャオ(粒) 10粒
陳皮 適量
シナモン 適量

【合わせ調味料】
水 60ml
黒酢 大さじ3
しょうゆ 小さじ2
にんにく(すりおろす) 小さじ1/2


作り方

1、鶏肉は筋切りをして、身の厚い部分に切り目を入れる。
身に塩(小さじ1/2)を振って10分置く。

2、なすは皮をむいて縦半分に切り、10分ほど蒸す。
その後、食べやすい大きさに切る。

3、ねぎはみじん切りにする。
きゅうりは粗いみじん切りにする。

4、鍋に湯を沸かし、沸騰したら塩(大さじ1)を入れる。
火を止め、鶏肉を入れてふたをして15分ほど置く。
上下を返してふたをして、さらに15分ほど置く。

5、鶏肉を取り出し、ペーパータオルで水けをふき、食べやすい大きさのそぎ切りにする。

6、ラー油を作る。
鍋に【ラー油】の材料をすべて入れて中火にかけ、にんにくがきつね色になるまで4分ほど煮る。
火を止め、赤とうがらしを加えて混ぜ、半日以上置く。
その後、ざるでこす。

密閉容器に入れ、常温で3週間ほど保存可能。
冷蔵庫の中のニオイが移ってしまうので冷蔵庫には入れない。

7、甜醤油(テンジャンユ)を作る。
鍋に【甜醤油(テンジャンユ)】の材料をすべて入れて中火にかけ、沸騰するまで混ぜる。
弱火にして、半量になるまで15分ほど煮る。
その後、ざるでこす。

密閉容器に入れ、冷蔵庫で1か月ほど保存可能。

8、【調味料】の材料を全て混ぜ合わせる。

密閉容器に入れ、冷蔵庫で1週間ほど保存可能。

9、器に鶏肉、ナスを盛り、ねぎ、きゅうり、タレ、ごま、ピーナツを盛る。

同日に放送されたレシピはこちら