林先生が驚く初耳学で放送された逆腹筋のやり方をご紹介します。
逆腹筋法は、たった2週間でウエストがマイナス7.5cmになるという新しい腹筋方法です。
効果とやり方をまとめましたので、参考にしていただけると嬉しいです。
教えてくれたのは、栗原隆ウェルネスクリニックの栗原隆先生。

(情報元:日本テレビ「林先生が驚く初耳学」2019年9月1日放映)


ぽっこりお腹を解消する逆腹筋とは?

逆腹筋は、名前のとおり腹筋の逆で、お腹を反って行う腹筋です。

ぽっこりお腹を解消するには、お腹を反るのが最も効果的だそう。

番組で、ぽっちゃり体型をした3名の女性が1日10回×3セットの普通の腹筋と逆腹筋を2週間行ったところ、結果に大きな差が出ていました。

  • 普通の腹筋では、平均でウエスト-2.6cm
  • 逆腹筋では、平均でウエスト-5.6cm

中でも逆腹筋を行った人で、最も大きく減った人がウエスト-7.5cm!

通常の腹筋は、主に表面の腹直筋しか鍛えられないためお腹が分厚くなります。

しかし、逆腹筋は体幹を支えているインナーマッスルを鍛えることができるのです。
上体を反らすことで約5kgもある頭を支えようとバランスをとろうとするため、インナーマッスルの腹横筋が鍛えられるとのこと。

コルセットのような役割腹ある横筋を鍛えれば、ウエストが自然に締まります。

逆腹筋のやり方

1、両足を腰幅に開いて真っすぐ立つ。

逆腹筋のやり方 画像

2、足の指をすべて床から浮かせる。

逆腹筋のやり方 画像

3、両手を頭の後ろで組んで頭を支え、上体をそらして5秒キープする。

逆腹筋のやり方 画像

4、息を吐きながら元の姿勢に戻す。

みつきみつき

これを1日10回×3セット行うと、ぽっこりお腹の解消が期待できます。

(画像出典元:TBSテレビ「林先生が驚く初耳学」)

テレビで紹介されたダイエット方法